英語力を規定する要因の変化

英語が分かる
スポンサーリンク

100歳過ぎても踊りましょう☆

DB100+管理人YUKI です。


ランキングに参加しています。
今日は何位かな?

スポンサーリンク

英語力の規定要因

前回の記事の補足を書いてみようと思います。

同じく、小磯氏の2015年論文から拾い読み。

日本人の英語力の規定要因の変化が論じられています。

結婚

2002年のデータでは、結婚しているかどうかという変数は、女性の英語力に影響力があったとのことです。つまり、2002年では未婚女性の方が英語力が高かった。しかし、2010年には、そのことは影響力を持たなくなっているとのことです。

職業

2002年では、管理職や研究職であることが一般事務職よりも男女とも影響力があったが、2010年にはその影響力は弱まったとのことです。主に管理職や研究職の人が英語を使う傾向にあったということですね。この変化は、近年は一般事務職の者も仕事で英語を使用する機会が増えているためであろうと述べられています。

年齢層

男性の場合は、2002年より2010年の方が年齢層の影響が低くなっているのに対し、女性の場合、2002年よりも2010年の方が年齢層の影響力が高くなっているとのことです。2010年度の20代~40代の女性の英語力が他の年齢層の女性よりかなり高いという結果にも見られますね。

居住地域の人口規模

2002年では大都市に住んでいるものは町村に住む者より英語力が高かったが、2010年ではその影響力は見られないとのことです。

高等教育

高等教育を受けたかどうかの影響力は男女との弱くなっているとのことです。

世帯収入

一方で、男女とも世帯収入の影響が強くなったとのことです。

早期英語教育

想起英語教育の経験者は英語力が高いとのことです。

要するに

箇条書きしてみます。

2002年から2010年への変化は、

  • 結婚しているかしていないかは、女性の英語力と特に関係がなくなった
  • 管理職ないし研究職であるかどうかも大きな要因ではなくなった
  • 女性の場合、年齢層の影響が男性より顕著
  • 居住地はネックにならなくなった
  • 学歴の影響力は弱まった
  • 世帯収入の影響が強くなった

こんな感じです。

結局は、絶対的な学習量

2008年論文のまとめ部分で、

英語の大衆化

英語力の格差

という傾向が指摘されています。

英語を使う人は、以前はいわゆるエリート層でした。しかし今後、一般の人々が英語に接する機会はますます増えていきますし、そこで述べられているように、この英語の大衆化が全体的な英語力を引き上げていくでしょう。

しかし、一方で、英語能力が高い者とそうでない者、仕事で英語を使う者とそうでない者、子どもの頃の家庭環境による格差の拡大が指摘されています。

自分はどうするか

社会調査のデータ分析は興味深いですが、日本人全体の英語力をどうするかはとりあえず私の問題ではありません。そんな立場にありませんし、使命感もありません。

英語力向上に関しては、自分および自分たち(40代・50代女性)が今からどうするかに興味があるのみ。自分が良くなりたいというエゴイスティックな動機があるだけです。

子どもの頃の家庭環境は変えられません。子ども時代ははるか昔に終わりました。過去である子ども時代を掘り下げても、今英語が思うようにできない理由探しにしかならないし、私たちの現在の英語力を上げる助けにはなりません。

やっぱり子ども時代が大事よね!と、果たせなかった夢を子どもに託す!的な方向に走ることは可能ですが(子どもがいれば、ですが)。

仕事で英語を使うかどうかについても、英語が現時点でかなりできないと英語を使う仕事が得られないというジレンマや、さらには現時点で英語力が低かったとしても、男性であったり、将来性を見越して若い年齢層が優先されるなど、根強い社会の風潮や企業側の決定は個人の思い通りにはなりません。

そうなると、職場への不満をつのらせるか、日本社会を恨むか、自分の英語力の低さを責める、年齢やセクシャリティを責めるといった負のスパイラルに入ってしまいます。

一方で、40代・50代の女性が英語を勉強する条件は整ってきました。いつの間にか、当の本人がなにやら古い思い込みに縛られているだけだったりします(笑)

思っているほど結婚や居住地は関係ないし、それが数値として表れています。現状の英語力は20代~40代は高めかつ横並びです。

そうは言っても、20代の頃の体力や記憶力はないのよね。。。って、これも自分がそう思っているだけかもしれません。

体力もアタマの柔軟さも個人の普段の生活スタイル次第です。

英語を勉強するのに、場所や時間に拘束されなくなりました。コストもかからなくなりました。

英語ができないのは、結局のところ、勉強量が圧倒的に不足している、ということを小磯氏は他のアジア諸国と比較して述べられています。

勉強量の話になると、

そんなことない!何年もやっているのにできないんだ!という意見があります。

であれば、効率の問題です。やり方です。

大人なら、勉強のためのお金や時間管理、効率性を管理しなければなりません。ネガティブを払いのける感情のコントロールも含めてね。

やっぱりフロー

やっぱりフローに入れるかどうかがネックかと思います。

周りがどうだろうと、いや~たのしーなーーー♡♡快感だ~~♡♡になること。

結果が良いと快感♡、なタイプの人もいれば、作業そのものが快感♡、というタイプの人もいると思います。

前者のタイプであれば、テストの点数が上がるとか、会社で昇給・昇進につながればさらにやる気がでるのでしょうね。でも、そういう目に見える結果がでないと頑張れなくなるかもしれないですが。

一方、勉強そのものがたのしーー♡というタイプの人は、自分が楽しいからやるというスパイラルに入れれば、勝手にやるようになるでしょうね。でも、このタイプは、そこのサイクルにとどまってしまう危険性考えられるので、時にはテストを受けてみるとか、養ったスキルをどう活かすかを考えたり、自分のポジションの確認という作業を意識する必要があるかなと思います。

ともかく、

やりたいのにやれない~。。続けたいのに続けれない~。。英語の勉強に良い思い出がない。。というのであれば、

英語の勉強そのものが楽しい♡という、フローに入る工夫がなにより先決かと思います。

フローに入れば、量は勝手に増えますもの。そして量は質に変化します。

で、そのフロー、第一段階って、私が思うに、原始的・身体的なもの。(フローがそもそもそういうものですよね)

単純に英語音声が心地良い♡快感♡♡という、音フェチ的なもの

そして、英語音声を発する快感、発声という体を使う行為・そのときの体感へのフェチ(←これ、なんて言ったらいいの?)。

かといって、わかった!じゃ、今日から音を聴くフェチ・発声の体感へのフェチになろう!と思ってなれるのか?、というと、やっぱり条件が整わないとそうなれないわけで・・・

 

最後の方、かなり感覚的な言い方になってしまいました。

また改めて文章化を進めていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました