100歳 過ぎても踊る

あなたが100歳になったとき、あなたはどんなふうにしているでしょうか?

その光景が見えますか?

どんな恰好をしている?

どんな髪型?

どこにいる?

周りに何が見える?

誰と何をしている?

何か音は聞こえる?

匂いは感じられる?

もちろん、100歳になる日は来ないかもしれない。

でも、今から数10年後。

想像してみてください。

100歳を迎えたあなた。

100歳のある日。

それはどんな光景でしょうか?

どんな自分になっているでしょうか?

スポンサーリンク

100歳 を迎える日

自分の未来を想像してみます(笑)

100歳の私は、、

基本的な性格はやっぱり変わらないままなんだろうな(笑)
(3つ子の魂100までって言いますものw)

タイトな服は嫌い。

やっぱりラフでここちよい服をまとい、髪は自然に降ろしているね。

どこにいるかな?

そうね、暖かく、海のそばで、視界が開けている場所だな。

時間帯は夕方。暮れなずむ空の色が美しくて、潮騒と鳥たちの声、潮の匂い、潮風を感じている私。

そして、ゆったり、踊っていたりするかも。

ここは、、あまり日本な感じはしないなぁ。。

外国のイメージ、ハワイあたり、とか。わかんないけど。

スポンサーリンク

106歳のダンサー

現在106歳の現役ダンサー&コレオグラファー、アイリーン・クレーマーさん。

https://en.wikipedia.org/wiki/Eileen_Kramer
https://tabi-labo.com/285228/dancer-eileen-kramer

きいたことありますか?

長く踊り続け、今も踊り、創作活動を続けるアイリーンさん。

彼女のようになるのは、自分には無理だと思いますか?

だってダンサーじゃないし。
そもそも100歳まで生きられる保証なんてないじゃないか。

確かにね。

運や才能もあります。与えられた寿命ってものもあるでしょう。

でも、想わない未来は手に入らない。よね!

未来は自分が作っていくのですから。

未来は描いた瞬間から刻々と創られていくものなのですから。

未来志向の時代

感じていますか?

今は、大きな変化の時代です。

これまでの常識に従う必要はありません。

自分が過ごしたい時間を過ごしていく。
なりたい自分になっていく。
創りたい未来を創っていくべきなのです。

これまでの常識や、まわりの人の意見をきいても貴方が知りたい答えは得られないでしょう。

自分が生きたい時間を生きるための方法。
なりたい自分になっていくための方法。

それを知っているのは、他ならぬ未来の自分。

だったら

未来の自分にたずねてみましょう

前を向いて行きましょうね

コメント