#3 錦織一清さんインタビュー(文字起こし)

「ジャニーズ退所は遅すぎたとも思ってるんですよ」  

「僕の体の中にジャニーさんが置き土産してくれた」

「ジェニーさんの考え方で物事をつくっていくつもりでもいます」

「ジャニーさんからは僕はいつまでも卒業したと思っていない」

錦織一清さんセカンドシングルインタビュー記事を文字起こししてみました。https://youtu.be/pE34blAoInE

スポンサーリンク

Q.CD発売について

ファンクラブの発足とかも突貫工事というかいろいろ無理を言いまして
だいぶ早くやってもらったんですけど
同時進行ぐらいに()なんか曲はほしいねという話になって
ライブ配信とかをファンクラブの中でやるたびにそのアタック的なそのいわゆる誘い込みのイントロダクションみたいなこともほしいとかそういうことが皮切りで
先日誕生日を迎えましてそのときの生配信のときに
レコーディングスタジオで歌ったボーカルを初めて出したっていう形で
ちょっとサプライズ的にやらせてもらったんですけど
曲は曲でやろうって言っていた話とそのファンクラブっていうのがちょうど同時期だったから偶然、こういうかたちになったっていうのは まあ結果こうですよねという

スポンサーリンク

Q.ジャニーズ退所はいつから考えていた?

今のかたちになるとは全然何も考えてなかった
しばらくはやっぱり充電期間というか放電期間というか
本当に何もしないときがちょっとほしかったかなというのもあったんですけど

Q.事務所から離れて

ものごとやめるってときでも僕の中で楽になったのは
やめるときも自分で決めれるなって思ったんですね
自分で決められるっていうと
ホッとしてなんかそのこれからの芸能活動なのか人生でもそうだけど
リセットも 間違えたらいわゆる
初めてこれから始まることは
トライ&エラーが
自分で決めて自分でもう一度チャレンジもできるしっていう
自分の判断ができるようになって
自分でやっぱ、自分の人生来たかなと思ったんです

Q.ジャニーズ時代から演出をやってきたか

生前のジャニーさんと僕はいっしょに
若い頃から
ほんとに子供の頃から一緒にそういうのを
一緒に作ってきたというか
で、あの、若いときは
僕もう、ジャニーさんに聞いたことがあって
ちょっとあの、アーティストとかタレントって
そのなんだろ、曲とか台本とかもなにか用意されてて
脚本家の先生から用意されてて
やることも演出家の先生に言われたことをやって
プロデュースも、レコーディングプロデューサーがいて
そういう、言う通りにしてるもんなんじゃないの?
与えてくれるもんなんじゃないの?って言ったら
ジャニーさんから
「何言ってるの、自分のことだから自分でやるんだよ」って言われて 
そういう教え方をされたんで、
毎度毎度その、1楽曲作る度に、
歌詞があーでもないこーでもない
もっとここんところこうならないか

作るに関してはどんなことを心がけたとかはあんまり
ま、これがたぶん、あの幸せなんだと思うんですけど
あんまり構えずにできた

これはもうずいぶん僕の心の中というか
僕の体の中にジャニーさんが置き土産してくれたと思っているだけですね

Q.ジャニーさんの死去と退所は関係ある?

ジャニーさんはもちろんジャニーズ事務所の社長でしたよ
だけど、僕の中でジャニーさんというのは
芸能界の宝だから
芸能界が宝を失ったんだから

ものすごいジャニーさんの影響を受けて
よそでもやっておられる方もいっぱいいて
ジャニーさんと組んでやっている方もいらしたし
で、もっと前に亡くなられた蜷川さんなんていうのも
ジャニーさんと昔からの若い頃からの知り合い、お友達だったりしたんで
そこでやっぱりジャニーさんというのは 寺山修司さん含めそうですけどですけど
そういう方と切磋琢磨やってた人だからね
財産的にはやっぱり芸能界の財産なんです

だから僕が退所したところで
僕はジャニーさんの考えで物事を作っていくつもりでもいます
 そういう意味で、ジャニーさんからは僕はいつまでも
ジャニーさんから卒業したと思ってないです
卒業なんかできないです
ジャニーさんにはずっと追いつけないんで
卒業証書ぜったいもらえない人なんです
卒業過程ないんです
卒業させてくれないですよ
ジャニーさんになれないから

Q.近藤真彦と退所が重なったことについて

卒業とは思ってないけど
基本的にジャニーさん、今まではジャニーさんがいてくれたのかな
ずーっとその、僕は挨拶文にも出したように
実際問題僕なんかは遅すぎたと思ってるんですよ
やっぱりジャニーズ事務所っていうのは若い人たちの事務所であり
若い女の子たちがそこに集いたいところでありっていって
僕はやっぱり老害でありたくなかったの、そこでね

僕らよりも後輩たちのグループ
後輩でありながら僕らよりすごいグループがいっぱいあって
素敵な奴らなんで
それなりに、僕らより大きな問題も抱えていたかもしれないし
事情はあると思う
だけど僕の場合はなんでそこで踏ん切りというか
そこまでもうジャニーさんもいなくなって
実はずっと甘えっぱなしだったんだなと思うのが
青山劇場僕ら使わせてもらったんですよ
23年間使わせてもらってるから
()
そうすると俺んなかで考えたんですよ
青山っていう若者たちが集う一番好きな場所で
そこで若者たちが一番好きだと思うの夏休み
すべて世の中にある一番好きな時期・一番好きな場所で
僕ら23年間もやらせてもらったんだよね。
これはあとから後輩たちいっぱいいたけど
そこで僕たちが陣取ってずっとやってしまっちゃった

Q.充電期間にやろうとしたこと

劇団を作るとまではいかなくても
なんかユニットを組んで芝居とかできたら面白いとか
そういう構想もあったんですけど
いかんせん、もうそのときにコロナですから

あのノーナ・リーヴスのライブも配信でやってるライブとか
こういうやりかたでも、あ、やってる人はいるんだな 
でもとまっちゃいけないんだな
とまってない人いるなぁって思ったのが
すごく心強くて

配信やったときもほぼ、9割がたの人が、誕生日もそうだけど
リアルタイムで見てくれたり
こういう形もできるんだな、と思って

Q.プレイヤーより演出に向いている?

本心は、じゃ次にほんと生まれ変われたらやりたい仕事は
僕は大工さんなの

家を建てて、そこでなんか
いやこの家はいい家ですねって
住んでくれる人に言ってもらえたら最高だなって思ってんだ
だって世の中だって誰しも全世界一番だって人生のなかで一番高い買い物をするところのものを作れるって最高じゃないですか
みんなそれがゴールそれに向かって仕事してるじゃないですか
それを作れるって最高だな、と (fin)

コメント